制作のこととかウダウダと
Profile
Search this site.
twitter
メールフォーム

   
MOBILE
qrcode
Others
<< 【Blender勉強会 難波】お疲れ様でした&雑記 | main | 今年最後のテストアニメ >>
ラティスでやわらかアニメーション
Blender Advent Calender 2014 12月2日の記事です。



↑こんなアニメーションが【ラティス】を使うと簡単に作れちゃう!?

という事で、作り方の説明をしていきますが、
今回のメインディッシュは【ラティス】なので、それ以外の説明はあっさり風味でやっていくよっ!
 
【ラティス】を使うと簡単にモデルを変形させる事ができます。
それを踏まえて作っていくよっ!

まずはキューブの下ごしらえから。

・サブサーフ【5】(分割数はお好みで)
・スムーズ
・辺選択→すべての辺を選択→【Shift+E】でエッジをお好みの状態に立てます。



キューブに野生の勘でキーを打っていくよっ!

リアルにジャンプするアニメーションを作るなら、
上がる時は徐々にスピードが遅く、落ちる時は徐々にスピードが早くなります。
いわゆる「等加速度直線運動(自由落下)」ってやつですかね?

ですが、今回はかなり大げさに動きを付けます。
早く動く→止まる→早く動く→止まる・・・
という風に動きを付けるとカートゥーンっぽくコミカルな動きになります。

後で変形アニメーションを加える事を前提にキーを打つよっ!
(24fps:フレーム数18)


たったこれだけ。
簡単だねっ!(^^♪


ラティスの下ごしらえをするよっ!
※1フレーム(キューブが地面についてる位置)で作業するよっ!!

・【Shift+A】→【ラティス】でラティスを追加。
・【S】(拡大縮小)でキューブよりちょっと大きくする。
・キューブを囲むようになる位置に移動。
・ラティスの【W】を【3】にする。

と、こんな風になります。


キューブをラティスの親にするよっ!

ラティス、キューブ、の順で選択して【Ctrl+P】→【オブジェクト】

これで、キューブの動きにラティスがついてきます。


キューブにラティスの設定をするよっ!

・キューブを選択
・モディファイア(レンチマーク)→追加→ラティス
・ラティスの設定項目【オブジェクト】に【Lattice】を指定します。


【ラティス】を選択して【エディットモード】で頂点を動かすと変形するようになるよっ!

※グリグリ動かして遊んだ後は元の立方体の状態に戻してねっ!


ラティスにシェイプキーを追加するよっ!

【+】を3回クリックして【Basis】【Key1】【Key2】を作ります。

【Basis】はその名の通り元になる形なので、立方体のまま変形させたらダメだよっ!

【Key1】を選択→【エディットモード】で「びにょーん」っと伸びた形にするよっ!
移動と拡大縮小で簡単に出来るよっ!


【Key2】も同じ要領で、「べちゃー」っと潰れた形にするよっ!



【オブジェクトモード】でシェイプキーを選択、その下にある【値】をいじると変形するよっ!



ラティスに野生の勘でキーを打っていくよっ!

【値】の所にカーソルを置いて【I】でキーが打てるよっ!


柔らかく見せる為に、
太く→細く→ちょっと太く→ちょっと細く→元の形
という風にキーを打ってみたよっ!
↓スローで見るとこんな感じ。


ループアニメにする場合、
フレーム【1】と【18】が全く同じで【18】までレンダリングすると一瞬止まってしまいます。
なので、レンダリングは【17】までにすると自然に見えるよっ!

後はお好みの設定でレンダリングすれば完成だよっ!

ラティスは複雑なモデルでも使えるので、色々応用して使ってみてねっ!



ドープシートとか知らないし、アニメ作ったことなからわからないよ!」
っていう人は、Google先生とか、YouTube先生に聞いてみてねっ!

※他の方法でも同じような事は出来ます。
この作り方が絶対正しいというわけではありません。



次の日は 八田和磨(@uimac)さんです。
よろしくどーぞ♪
Blender Advent Calender 2014
 web拍手 by FC2
| Blender Tips | 00:01 | comments(0) | - | - | - | このページのトップへ
コメントする